33 Will Hoskin-Elliott

2011年にドラフトで指名された、ウィル・ホースキンエリオットは2012年のラウンド1でAFLデビュー。

 

彼はスピードと持久力を兼ね備えた稀なプレイヤーで、相手チームのプレイヤーのマッチアップを難しくさせている。

 

筆者の眼!

2014年シーズン、最も成長したプレイヤーと1人と言っても良いだろう。


体の線はまだまだ細いものの、体を操作するセンスは抜群。スピードを持って長い距離を走ることができ、ダイナミックなボールの展開に貢献している。


そして、何と言っても得意なプレイはハイマーク。どんな体勢・位置からも高くジャンプすることができ、チームの重要なキックターゲットとなっている。ホースキンエリオットのハイマークは要注目だ。