NAB Challenge R2 vs.Esseondon Bombers

2015年3月13日(金)  現地時間19:10ボールアップ  @スポットレススタジアム(本拠地)

GREATER WESTERN SYDNEY      0.5.3  0.10.6  0.14.9  0.14.13 (97)

ESSENDON BOMBERS                  0.1.0  0.2.2    0.6.3    0.8.4      (52)

金曜日の夜、ジャイアンツはシーズンの成功を予感させる試合を見せた。NABチャレンジの第2ラウンド、本拠地のスポットレススタジアムでエッセンドンと対戦したジャイアンツは、ファーストクウォーターから攻め続け45点差で勝利した。

 

エッセンドンはシニアプレイヤーを数名追加したラインアップ。ジャイアンツは彼らのプレッシャーに負けることなく力強い攻撃を見せ、4回目のシーズンに突入する準備が整っているようだった。

 

特にフォワードインサイド50mラインで相手を圧倒した。ラックマンのShane Mumford、身体能力の高いAdam Tomlinson、真っ直ぐなキックが蹴れるCam McCarthy、成長株のJames Stewart、そして不動のスターJeremy Cameronが次々と入れ替わり、得点を上げ続けた。

 

「みんながゴールに貪欲になっていた。フォワードエリアに入ると自分の仕事をよくこなしてくれた。」監督のキャメロンは話した。「前半だけで10ゴールを決められたのはよかったし、誰が開幕戦にメンバーに入れるか判断するいい機会になった。」

 

懸念されるのはJeremy Cameronの調子だ。後半に脳震盪を起こしそのままベンチへ。フォワードラインで素晴らしいタックルを見せ、フリーキックを獲得すると確実にゴールに蹴り込んだが、その際に顎を打っており、念のため残りの時間は出場しなかった。


ジャイアンツはエッセンドンの30回にくらべて2倍近くの43回もインサイド50エリアに入り、クリアランスでも43-26と圧倒した。

 

「試合序盤でボールの奪い合いに負け、我々のチームはボールを動かす力に少し自信が持てなかった。」エッセンドンの監督、ジェームス・ハードは肩を落とした。

試合ハイライト

フォトギャラリー


SUPERGOALS

Greater Western Sydney: Nil

Essendon: Nil


GOALS

Greater Western Sydney: McCarthy 3, Lamb, Palmer, Steele 2, Cameron, Coniglio, Smith, Stewart, Tomlinson

Essendon: Daniher, Langford 2, Ambrose, Ashby, Jones, Petrenko


BEST

Greater Western Sydney: Shaw, Treloar, Greene, Coniglio, McCarthy, Whitfield

Essendon: Dalgleish, Gwilt, Ashby, Cooney, Brown, Daniher


INJURIES

Greater Western Sydney: Jeremy Cameron (concussion)

Essendon: Nil


Reports: Joe Daniher (Essendon) reported for striking Phil Davis (GWS) in the fourth quarter