連勝で7位へ!(R16 vs. Gold Coast Suns)

2015年7月18日(土)  日本時間13:10ボールアップ @メトリコンスタジアム(ゴールドコースト)

GOLD COAST                        4.1   7.4    8.4     12.7     (79)

GREATER WESTERN SYDNEY    6.4   7.9   8.15   13.16    (94)

敵地での戦いで相手のスタープレイヤーGary Ablettに苦しめられるも、94-7915点差でなんとか勝利を手にすることができた。これでジャイアンツは今季9勝目。トップ8にとどまることができた。

 

スミスが流れを作ったと言っても過言ではないこの試合。4ゴールの活躍を見せ、特に最終クウォーターの3ゴールはチームを一気に勢いづけた。


「スミスは競り合いに強い。クラブでとても重要な存在となっている。最終クウォーターは必要なときに素晴らしい活躍をしてくれた。」キャメロン監督は話した。

 

「こういう試合は大歓迎だ。」「決して楽な試合ではなかったが、プレイヤーは状況を良く理解していて、良く耐え、冷静にプレーし、コミュニケーションを取り、あらゆるシーンで成長が感じられた。」

 

キーフォワードのジェレミー・キャメロン、高身長でターゲットとなったロブ、キャプテンのウォードはそれぞれ2ゴールを決め、特にウォードは30ポゼッションを獲得した。


相手のキープレイヤーのAblett30ポゼッション、さらに自己最高の17タックルを記録した。2度もブラウンローメダルを受賞しているAblettはこの日も大活躍。ジャイアンツのディフェンシブ50mのエリアでスマザーをすると、こぼたボールをピックしそのままゴールするなど、この試合で計3ゴール。

 

「彼のリーダーシップについて良く質問をされる。そこはあまり騒ぎ立てたくはないが、確かに彼の成長を感じている。」試合後にサンズのRodney Eade監督はAblettについて話をした。

 

「彼のスキルと経験はチームメイトにきちんと伝わっている。チームメイトも彼に要求しているし、さらに彼から様々なプレーを要求されることをチームメイトは喜ばしく思っているよ。今日はそれがうまく作用していた。」「17タックル。この数字だけでも彼がオフェンシブプレイヤーだけでないということを示しているだろう。」


サンズのTouk Miller2ゴール、27ポゼッションと活躍。さらにAlex SextonBrandon Matera2ゴールを決めた。サンズは良い試合運びをするものの一歩届かない試合が多く、今シーズンはまだ2勝にとどまっている。

 

ジャイアンツは来週、キャンベラでジロングキャッツとの戦い。トップ8にとどまれるかどうか、正念場だ。

試合ハイライト

キャメロン、アンパイアの帽子を戻す。