ファイナルへ黄信号 (R17 vs. Geelong Cats)

2015年7月25日(土)  日本時間12:45ボールアップ @スタートラックオーバル(キャンベラ)

GREATER WESTERN SYDNEY     1.1   2.3     4.6     6.6   (42)

GEELONG                               3.6   5.10   6.10   9.15 (69)

725日(土)にキャンベラのスタートラックオーバルで行われた試合、ジャイアンツは42-6927点差でキャッツに敗退。キャッツは残り6試合で現在87敗。9年連続でのファイナル進出に望みをつないだ。

 

キャッツのキーフォワードTom Hawkins5ゴールと活躍。キャッツはキャンベラで初めての勝利となった。


ジャイアンツはまだファイナルへの希望を残すものの、今回の負けで初のファイナル進出はより難しくなった。

 

3クウォーターにフォワードラインを中心に一時流れを取り戻したが、それも及ばず。2015年シーズンで最も得点が少ない42点となった。


グリーンが後ろ向きでキックして獲得した珍しいゴールでスタートしたこの試合。一気に流れをつかみにかかるが、中盤が強固なキャッツ相手に第1クウォーターは良い所がなかった。

 

ジャイアンツはパルマがハムストリングを痛め退場し、ボールタッチ数が50も少なかった。キャッツのMotlopHawkinsを中心にボールを回され、17点差をつけられてクウォータータイムへ。

 

怪我をしたパルマに代わって入ったラムは2015年シーズンで初出場。チームに少し流れを取り戻した。フォワードのキャメロンはポゼションが少なく、なかなか得点に絡むことができない。

 

ジャイアンツは49分間もゴールがなく、第2クウォーターも1ゴールのみ。50試合目のトムリンソンがようやく入れた1ゴールにとどまった。プレーの正確性が高く、フィジカルの強いキャッツに25点のリードを許してハーフタイムに。


3クウォーターはボール際の競り合いに勝ち、流れはジャイアンツに。ラックマンのダウニーのスナップゴールで16点差にまで詰め寄り、勝利への希望も見えた。しかし、勢いは続かず、それ以上の点差にまで詰めることはできなかった。

 

4クウォーターはキャッツのHawkinsDuncan、そしてキャプテンのSelwoodにゴールを決められ、万事休す。ジャイアンツにはシーズンの終盤、ファイナルをかけた厳しい戦いが待っている。

試合ハイライト

グリーンのオープニングゴール