サンズに大勝!(R8 vs. Gold Coast Suns)

2016年5月14日(土)  日本時間15:35ボールアップ  @スポットレススタジアム(シドニー)

GREATER WESTERN SYDNEY       4.3     9.9     16.13     22.17    (149)

GOLD COAST                                  1.0     4.0      7.1          9.4        (58)

ジャイアンツはホームで91点もの差をつけて勝利した。フォワードのキャメロンは自身のタイ記録となる1試合7ゴールの大活躍。サンズに対して149-58で大勝した。

 

ジャイアンツは試合序盤からゲームをコントロール。始めの20点は全てジャイアンツの得点で、さらに初めの8ゴールの内7ゴールはジャイアンツのゴールだった。

 

ここ5試合で125点以上獲得したのはこれで4試合目。得点力の高さを見せつけた。

 

しかしこの後、ジャイアンツは強豪と相次いで対戦する予定になっており、厳しい戦いが予想される。ブルドッグス、クローズ、キャッツ、スワンズと今シーズン調子の良いチームとの対戦が続くが、ここで勝てるかがファイナル進出への試金石となる。


キャメロン監督はここからの1ヶ月間、厳しい戦いが続くことに触れ、ジャイアンツの真価を問われると語った。

 

「クラブの全員にとって大きな挑戦となる。」

 

「次の4週間は自分たちの実力を試す良い機会となるだろう。確かに今シーズンは良いフットボールができているが、まだまだ先は長い。」

 

「我々の本当の実力はまだ分からないが、現時点では良い順位につけている。次の1ヶ月間でファイナルに進出するのに必要なことが浮き彫りになるだろう。」


一方のサンズはこれで5連敗。さらに70点差以上の差をつけられた負けが3試合も続いている。監督のRodney Eadeは、長身のプレイヤーが怪我をしているのが大きく響いていることを認めた。また、プレイヤーたちの怪我があってから序盤の勢いを失っていると話した。

 

「試合前に、昨年と同じようにはいかないと話をした。怪我をしたプレイヤーが戻ってくる保証はないと。」

 

「昨年、怪我からの復帰がいかに難しいか身をもって経験した。」「何人かは戻ってくるだろうが、走り負ける試合が多かったのは確かだ。」


ジャイアンツのプレイヤーは多くがポゼッションを伸ばしたが、特にこの試合でAFLデビューを果たしたホッパーは31タッチの大活躍。デビュー戦とは思えない堂々としたプレーでスタジアムを沸かせた。

 

ジャイアンツは来週、再びホームで戦う。2試合連続のスポットレススタジアムでの試合は珍しく、これからのタフな1ヶ月に勢いをつけるためにも勝利を手にしたい試合となる。

試合ハイライト

キックインからあっという間のゴール!


GOALS

Greater Western Sydney: Cameron 7, Palmer 3, Lobb 3, Kelly 2, Scully 2, Patton 2, Johnson, Steele, Wilson

Gold Coast: Grant 3, Matera 3, Lynch 2, Ablett

 

BEST

Greater Western Sydney: Shiel, Kelly, Williams, Cameron, Coniglio, Shaw, Hopper, Ward

Gold Coast: Hall, Prestia, Schade, Leslie

 

INJURIES

Greater Western Sydney: Nil

Gold Coast: Adam Saad (hamstring), Gary Ablett (concussion)

 

Reports: Nil

Umpires: Rosebury, O'Gorman, Hosking

Official crowd: 8,308 at Spotless Stadium