終盤の猛攻も及ばず。(R10 vs. Adelaide Crows)

2016年5月28日(土)  日本時間18:40ボールアップ @アデレードオーバル(アデレード)

ADELAIDE                                          4.6   6.11   14.13   15.17    (107)

GREATER WESTERN SYDNEY           2.1   7.3     8.3       13.7      (85)

クローズの得点源であるキャプテンのTaylor Walker、そして今シーズンも多くのゴールで観客を魅了しているEddie Bettsを止めることができず、クローズに22点差をつけられての敗戦となった。WalkerとBettsにはそれぞれ5ゴールを許した。

 

ジャイアンツはシールが29ディスポーザル、2ゴールの活躍、ケリーは29ディスポーザル、コニリオも30ディスポーザルと活躍した。

 

一方のクローズはRichard Douglasが7クリアランス、Jarryd Lyonsもクリアランスは7つ、Rory Atkinsは28ディスポーザル、Brodie Smithが 26ディスポーザル、Josh Jenkinsは3アシストとそれぞれのポジションで多くのプレイヤーが活躍した。さらにディフェンスエリアではKyle CheneyとKyle Hartiganが素晴らしいプレーを見せた。

 

クローズの監督、Don Pykeは、第3クウォーターに8ゴール取ることができたのを高く評価した一方、第4クウォーターに追い上げられたことに関しては、残念そうだった。

 

「試合を通して、力強く満足できるプレーができた。」「特に第3クウォーターはスペースが生まれ、ボールをきれいにつなぐことができた。」「しかし、ジャイアンツには最後まで粘られた。」


試合序盤、クローズはSam JacobsとScott Thompsonを中心に中盤を支配し、数多くのゴールチャンスを作ったが、フォワードでの決定力に欠けた。第1クウォーターは4ゴール6ビハインド、第2クウォーターは2ゴール5ビハインドと、ジャイアンツが詰め寄る中、フォワードラインでのプレーの正確性が課題となった。

 

ジャイアンツはシールとコニリオ、ケリーが多くのポゼッションを獲得し、何度もゴールチャンスを生んだ。スティールは角度のないところからセットショットを決め、シールとホッパーも続き、ハーフタイムを迎えるころには2点差にまで点差を縮めた。

 

クローズは第3クウォーターで一気に爆発する。フォワードのBettsはスペースを見つけてボールを獲得し始める。昨年、ゴール・オブ・ザ・イヤーを受賞した時と同じエリアで、バウンダリ―ラインを出かかったボールをキープすると、相手をかわしてスナップショットのゴールを決めた。彼の天性の能力を見せつけられたクウォーターとなった。


46点と差を広げられて迎えた第4クウォーター、ジャイアンツはここから追い上げを見せた。

 

長身のロブと、中盤のスカリーがゴールを決めると、グリーンもそれに続く。クローズのファンが静まりかえる時間帯が続いた。グリーンがさらにゴールを重ねて点差を17点としたが、エンジンがかかるのが遅すぎた。ディフェンスで活躍していたケネディーが頭を打って退場し、流れは再びクローズへ。最後もフォワードのBettsに得点を許した。


ジャイアンツのキャメロン監督はチームが最後に追い上げて、試合終了まで戦いきったことを評価したが、第3クウォーターまでの戦い方には満足していなかった様子だった。

 

「第3クウォーターまで、クローズのほうが明らかに良いプレーをしていて、我々は少し反撃するのがやっとだった。」「しかし、我々は最後まであきらめなかった。」

 

「最後のクウォーターはいくつかスタッツでの目標を掲げ、プレイヤーに伝えた。それまでの戦いは忘れ、コンテストでボールを獲得する数では勝とうと話をした。」

 

ジャイアンツは来週、ジロングへ遠征しジロング・キャッツと戦う。ベスト4の位置をキープできるか、非常に重要な一戦となる。

試合ハイライト

グリーンのゴロキックゴール!


GOALS

Adelaide: Walker 5, Betts 5, Jenkins, Sloane, Milera, Lyons, McGovern

Greater Western Sydney: Greene 3, Steele 2, Scully 2, Cameron, Hopper, Tomlinson, Kelly, Steele, Lobb

 

BEST

Adelaide: Walker, Betts, Thompson, Atkins, Sloane, Talia, Lever, Douglas

Greater Western Sydney: Shiel, Kelly, Coniglio, Scully, Greene, Haynes

 

INJURIES

Adelaide: Nil

Greater Western Sydney: Kennedy (concussion/shoulder)

 

Reports: Nil

Umpires: Schmidt, Chamberlain, Wallace

Official crowd: 46,737 at Adelaide Oval